【即売り】tsumiki証券を使ってエポスゴール修行を実施&100万円利用実績のベース作成

エポスカードは丸井グループが発行しているクレジットカードです。その特徴は何と言っても、料でゴールドカードが持てるとこです。

条件付きで無料で持てるゴールドカードの代表的なものに、三井住友ゴールドNLがありますが、ポイント還元率などはほとんど一緒で、年間100万円利用すると、ボーナスポイントが10,000Pもらえ、還元率が1.5%相当になることろです。

しかし、両者の大きな違いは、投信積立が利用代金にカウントされるかどうかです。三井住友ゴールドNLはSBI証券で投信積立が行なえますが、利用代金にはカウントされません。そしてエポスゴールドカードはtsumiki証券の投信積立が利用代金としてカウントされるため、毎月5万円(満額)行えば、年間60万円のベースが出来上がります。

ただし実際には投信を購入する必要があるため、本来は年間で60万円が必要になります。

そこで、今回おすすめする即売りを実施すれば、資金約5万で年間60万円のクレカ利用実績が作成可能です。

実際には、投信のため値上がりや値下がりで資金が若干変動しますが、大した金額にはならないはずです。

  1. エポスカードはポイントサイト経由で作成する
ちーち

紹介コードも忘れずに

エポスカード紹介

22050312934

Copy
  1. tsumiki証券の即売りで、ゴールドインビテーションをGETする
  2. ゴールド所得後、tsumiki証券の即売りで利用実績を積み上げる
  3. ボーナスポイントを獲得を目指す
    • 50万円利用で2,500P
    • 100万円利用で10,000P

tsumiki証券の即売りを行うことで、資金約5万円で年間60万円の利用実績を積み上げることが可能

目次

エポスゴールドカードの特徴

エポスカードはノーマルカードとゴールドカード、プラチナカードの3種類が容易されています。ノーマルカードは年間費無料ですが、ゴールドとプラチナは年間費がかかります。

まさら

プラチナは年間費を払うぐらいエポスカードが好きならいいですが、今回の割愛します

インビテーションからの切替で年間費無料

ゴールドは条件月で年間費無料になります。条件の一つとしてインビテーションで切り替えた場合になります。

インビテーションは年間で50万円利用で届くと言わてれいますが、実際には25万円以下でも届いたという報告があるため、エポス次第といったところです。

利用金額に応じて年間ボーナスポイント

エポスゴールドは年間50万円で2,500P、年間100万円で10,000Pのボーナスポイントが付与されます。

何と言っても、tsumiki証券の投信つみたてが年間利用金額に含まれる点です。

ちーち

これはうれしいです

tusmiki証券はエポスカードを利用して、投資信託を購入できるのですが、毎月5万円までが購入可能なため、年間60万円利用できます。

つまり、tsumiki証券で投信積立を行うだけで、2,500Pは確実に獲得ができます。さらに年間100万円利用も残り40万円でいいため、比較的容易に到達できます。

よく比較される三井住友ゴールドNLもSBI証券で投信積立が可能ですが、こちらは、投信積立分は利用代金に含まれません。

その他の特徴

エポスゴールドカードも他社のゴールドカード同様に、空港ラウンジや旅行保険が付帯しています。他にゴールドカードを持っていない方からすると嬉しい特典の一つです。

その他にも、ポイントが3倍になる「選べるポイントアップショップ」などノーマルカードにはない特典が盛たくさんです。

エポスカード:選べるポイントアップショップ

エポスカードを申し込むならポイントサイト経由

エポスカードは申し込むならポイントサイト経由で申込をしてください。最近は月初にポイントが増額されているため、月初めに申込することをおすすめします。

いまだと、ポイントサイトで6,000Pで公式CPで2,000P+紹介で500Pの合計、8,500P貰えます。

おすすめのポイントサイトは

です。こちらのポイントサイトなら、ポイントアップの上乗せ1,000Pも期待できます。

紹介コードは先着になりますが、こちらを利用してください。もし利用ができない場合は、Twitterなので検索すればいっぱい出てきます。

エポスカード紹介

22050312934

Copy
まさら

カード作成時に紹介コードを入力してもらえれば、追加で500Pが貰えます

tsumiki証券を使ってエポスカードの実績を作る

エポスカードで利用が可能な証券会社として、tsumiki証券があります。他の証券会社と違って、購入できるファンドがかなり限られていますが、初心者向けサービスとあって厳選された5つしかファンドがありません。

多すぎると選ぶまでにこまっちゃうし、2~3つだと少ないと感じてしまうから、5つが最適なんですね

エポスカードを使った「カードつみたて」とポイントを使う「ポイント投資」がありますが、「カードつみたて」が魅力的です。

tsumiki証券を利用して利用金額を積み上げる

tsumiki証券でカード積立を利用した場合、毎月5万円まで利用が可能です。年間で60万円の積立が可能になり、それだけで年間利用金閣の6割を達成が可能です。

投資信託のため、売却すればカード引落口座に振込されます。ということは、積立後すぐに売却してしまえば、約5万円の資金拘束はされますが、お金を使わずとして、年間利用金額の60万円が簡単にベースアップすることになります。

エポスカードとtsumiki証券のスケージュールを確認すると、以下の通りになります(エポス27日引き落としの場合)

  1. 27日ごろにtsumiki証券の積立設定締め切り
  2. 翌月1日にエポスカードに利用
  3. 毎月10日ごろ投信約定
  4. 約定後、投信売却
  5. 毎月27日エポスカード引落
  6. 毎月29日tsumiki証券売却代金振込

時系列を追ってみると、即売りを行った場合、3営業日程度、資金拘束されます

ちーち

約3日だけの資金拘束ならガマンします

がんばっているねポイント&ボーナスポイント

他社のクレカ積み立ては毎月積立額に応じて、ポイントが付与されますが、エポスカードの場合、年間積立額でポイントが貰えます。

1年目は0.1%、2年目は0.2%・・・5年目以降は0.5%と0.1%ずつ増えていきます。3年目以降になると旨味がでてきます

そして、ゴールドカード以上なら、積立分もカード利用扱いになり50万円の利用で2,500Pが貰えます。

ちーち

年間60万円の積立なら0.4%還元相当だね

ゴールドカードのインビテーション

tsumiki証券での積立分がカード利用扱いになるため、インビテーションが届きやすくなります。およそ年間50万円の利用でインビテーションが届くようなので、毎月5万円積立投資を行うと1年以内にインビテーションが届くことになります。

要するに手出しなしでゴールドインビテーションくる可能性が非常に高いです。

tsumiki証券の銘柄&売却

即売りに適したファンドは「まるごとひふみ15」

エポスカードの利用実績を積み上げるために、tsumiki証券の投信積立が有効なのは理解してもらったとして、即売りに適したファンドを探していきます。

即売りを行う際に注意しないと行けないのは、日々の値動きができるだけ少ないものを選ぶことです。

tsumiki証券で取り扱っているファンドは全部で5つ

  1. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  2. セゾン資産形成の達人ファンド
  3. コモンズ30ファンド
  4. ひふみプラス
  5. まるごとひふみ15

できるだけ、値動きの小さいファンドを選ぶなら、債券比率が大きいものを選ぶ必要があります。

この中で一番債券比率が多いのは、「まるごとひふみ15」です。85%が債券のため値動きがマイルドになります。

即売りには「まるごとひふみ15」が最適と言えます。

tsumiki証券の売却方法

毎月10日ごろに売約が可能になります。スケージュールについては、こちらで確認ができます

tsumiki証券の取引スケジュール

まさら

売却可能日(約定の翌日)にメールが届くため、即売りしたい方は売約してください。

当日の15時までに売却注文をだせば、当日売却になります。(まるごとひふみ15の場合)

左上のバーガーメニューから、「資産の状況を見る」>「お預り資産の中身」をタップします

売却したい銘柄から、「引き出す」>「全て引き出す」をタップして完了

ちーち

すごく簡単に行うことができますね

まとめ:クレカ積立メリットはエポス修行と絡めることで生まれる

tsumiki証券で行えるクレカ積立は、楽天証券やSBI証券と比べると旨味はありません。

クレカ決済によるポイント還元はなく、がんばっているねポイントがつくだけです。最初は0.1%還元とポイント目的ならやめている案件です。

しかし、エポス修行と組み合わせると、ゴールドインビテーションにも使えるし、ゴールド保有の100万円修行にも活用ができます。

そうなってくると、ボーナスポイントがあるため、旨味が出てきます。

エポスカードのクレカ積立は即売りをおすすめしています。投信を積み立てるなら、楽天証券やSBI証券でおこなったほうが銘柄の自由度やポイント還元でお得ですからね!

  1. エポスカードはポイントサイト経由で作成する
ちーち

紹介コードも忘れずに

エポスカード紹介

22050312934

Copy
  1. tsumiki証券の即売りで、ゴールドインビテーションをGETする
  2. ゴールド所得後、tsumiki証券の即売りで利用実績を積み上げる
  3. ボーナスポイントを獲得を目指す
    • 50万円利用で2,500P
    • 100万円利用で10,000P

tsumiki証券の即売りを行うことで、資金約5万円で年間60万円の利用実績を積み上げることが可能

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語以外でのコメントは受付していません。

CAPTCHA

目次